不動産/宅建で転職ならTAKU-TEN

宅建士(宅地建物取引士)試験対策/不動産業界の専門資格 初心者向け3つのステップで合格を目指そう!

本記事では、初心者向けの宅建士の勉強法や資格取得のアドバイスをお伝えします。宅建士試験に合格するための勉強法を学びましょう。

【1. 宅建士試験の概要を把握しよう】

まずは、宅建士試験の概要を把握しましょう。宅建士は、不動産業における専門家で、法律や契約手続きに精通しています。
宅建士試験は、毎年10月に実施される筆記試験です。試験範囲は、以下の4つの分野です。

①土地建物取引業法
②民法
③行政書士試験範囲内の法令
④関連法令
試験時間は120分で、出題数は合計50問。※5問免除の方は110分、出題数45問。

令和6年度試験スケジュール は【こちら
一般財団法人不動産適正取引推進機 参照

【2. 効果的な学習計画を立てる】

宅建士試験に合格するためには、効果的な学習計画を立てることが大切です。以下のポイントに注意して、自分に合った勉強法を見つけましょう。

①短期集中型と長期スパン型の学習スタイルを選択する
短期集中型は、試験前3ヵ月程度を集中して学習する方法で、長期スパン型は、1年前から少しずつ学習する方法です。自分の学習スタイルやスケジュールに合わせて選びましょう。

②教材選び
テキスト、過去問題集、模擬試験、オンライン講座など、様々な教材があります。自分の学習スタイルや予算に合った教材を選ぶことが重要です。
最低限、基本のテキストと過去問題集は用意しましょう。

③進捗管理
学習計画に沿って進捗を管理することで、モチベーションを維持しやすくなります。カレンダーや学習記録ツールを活用し、定期的に振り返りを行いましょう。

【3. 実践的な勉強法を取り入れる】

01 - 過去問題演習
過去問題を解くことで、試験範囲や出題傾向を把握しやすくなります。また、時間を計測しながら問題を解く練習を行い、試験当日に備えましょう。

02 - 分野別学習
試験範囲の4つの分野をそれぞれ個別に学習し、理解度を深めましょう。
特に苦手分野は重点的に取り組むことが重要です。

03 - グループ学習や勉強会への参加
他の受験生と情報交換したり、互いに教え合ったりすることで、理解が深まります。また、相手の勉強法や教材を参考にすることで、自分に合った学習方法が見つかることもあります。


最後に、宅建士試験は継続的な努力が大切です。焦らず、無理をせず、自分のペースで学習を進めていきましょう。
試験当日に向けて、十分な準備を行い、自信を持って挑みましょう。

転職を迷ってる方、まずはお気軽に【無料相談】へ 
初めてでも安心!研修制度が充実している求人は【こちら】から