宅建で転職なら TAKU-TEN

不動産業界の職種ガイド 不動産開発、流通、賃貸、管理の詳細と役割

不動産業界は非常に幅広い分野であり、様々な職種が存在します。ここでは、不動産開発・不動産流通・不動産賃貸・不動産管理という4つのカテゴリに分けて、それぞれの職種について説明いたします。

今の転職市場を聞きたい方は、お気軽に【無料相談】へ 
まずは求人票を見たい方は【こちら】から 

【不動産開発】

不動産開発は、土地や建物を開発・再開発する業務を指します。この分野では、土地を購入し、新しい建物を建設するための計画や設計を行い、建築業者と連携してプロジェクトを進めます。開発業務に携わる職種としては、
プロジェクトマネージャーや設計士、土地評価士、建築士、エンジニアなどが挙げられます。
これらの専門家は、プロジェクトの成功に向けて協力し合い、法律や規制に適合した開発プロセスを確保する役割を担っています。

💡主な仕事は?!

不動産開発とは、土地や建物の開発・再開発を行う業務であり、新規プロジェクトの立ち上げから竣工までを担当します。
01.土地の調査・評価
開発プロジェクトの立地条件や地価、土地利用規制などを調査・評価。土地の場所やアクセス性、近隣施設、土壌の状態、排水の良し悪しなどを調査。その他、法的・規制上の制約、比較市場分析、土地の価値などを含め評価する。
02.計画・設計
プロジェクトの目的や規模に応じた計画を立案し、建築設計や土木設計を行う。基本的な枠組みと方向性を設定、アイデアを図面に落とし、建築作業に使用するための詳細な図面や仕様書を作成。
03.法規制の確認
建築基準法や都市計画法などの法規制に適合しているか確認し、必要に応じて許認可を取得。その他、地方自治体の規制、公衆衛生、歴史的・文化的建造物の保護などを確認。
04.建設業者との連携
建築業者や設計事務所と協力して、工事の進捗管理や品質管理を行う。
05.販売・マーケティング
完成した物件を市場に販売するためのマーケティング戦略を立案し、価格設定や宣伝活動を行う。ブランディング、広告・プロモーション・販売チャネルの戦略などを実施。

【不動産流通】

不動産流通は、土地や建物の売買を仲介する業務を指します。不動産会社がこの分野の主役であり、売主や買主をつなげて取引を成立させる役割を担っています。流通に関わる職種には、
不動産営業、不動産コンサルタント、不動産仲介業者などがあります。
彼らは顧客のニーズに合った物件を見つけ、価格交渉や契約手続きをサポートします。また、市場価格や立地条件に精通しているため、適切な物件価格を見積もる役割も担っています。

💡主な仕事は?!

不動産流通とは、土地や建物の売買を仲介する業務であり、売主と買主をつなげて取引を成立させる役割です。
01.物件情報の収集・登録
売買物件の情報を収集し、不動産会社のデータベースに登録。物件の場所、価格、設備、建築年数、状態などの基本情報を確認。顧客への情報提供を行う。
02.顧客対応
買主や売主のニーズに合わせて、顧客中心のアプローチを取る。顧客のニーズを理解し、適切な物件を提供し、取引がスムーズに進むようサポート。買主には物件を提案し案内や説明を行う。
03.売買交渉
買主と売主の間で価格や条件の交渉を行い、双方にとって最適な取引を目指す。
04.契約手続き
売買契約の作成や重要事項説明、印紙税の手続きなど、締結に関する手続きをサポート。
05.アフターサービス
売買が成立した後も、物件の引き渡しや登記手続きのサポートを行い、定期的なコミュニケーションを通じて顧客との関係を維持、将来的なニーズに対応。



不動産賃貸

賃貸に関わる職種としては、
賃貸営業、賃貸管理業者、賃貸仲介業者、リーシングコンサルタントなどがあります。
賃貸物件の選定や入居者募集、契約手続き、敷金や礼金の管理などを行います。また、入居者とオーナー間のトラブルを解決する役割も担っています。賃貸業界では、市場動向や需要を把握し、適切な家賃設定や物件プロモーションを行う能力が求められます。

💡主な仕事は?!

住宅や事務所などの建物を借りることを仲介する業務です。
01.物件情報の収集・登録
賃貸物件の情報を収集し、物件のリストアップ。 物件の場所、間取り、家賃、設備、建築年数、状態などの基本情報を確認。顧客へ迅速で正確な情報を提供する。
02.顧客対応
入居希望者のニーズに合わせて物件を提案し、物件の案内や説明を行う。オーナーからの物件募集に対応し、適切な入居者を見つける役割も担う。
03.賃貸契約の作成・交渉
入居者とオーナー間で賃貸契約を結ぶ。その際の契約書の作成や重要事項説明を行う。家賃の詳細、物件の状態、使用制限などを取り決める。
04.契約手続き
入居者とオーナーが同意した条件に基づき、賃貸契約を締結。また、契約に関連する手続きをサポート。
05.アフターサービス
契約後のトラブルや相談に対応し、入居者とオーナー間の円滑なコミュニケーションをサポート。物件の修繕や管理業務も行うこともある。

【不動産管理】

管理に関わる職種には、
プロパティマネージャー、ビル管理士、施設管理者、清掃スタッフ、警備員などがあります。
彼らは、建物の安全性や快適性を確保するために、日々の運営や緊急時の対応を担当しています。また、エネルギー管理や環境対策など、持続可能な運営を目指す取り組みも重要な役割の一つです。不動産管理の専門家は、物件オーナーや入居者と密接に連携し、円滑なコミュニケーションを図ることで、快適な生活や業務環境を提供しています。

💡主な仕事は?!

不動産管理とは、賃貸物件や共同住宅、商業施設などの運営・管理を行います。
01.入居者管理
物件の案内や内見対応、契約更新や退去手続きをサポート。家賃の集金や滞納対応も担当。
02.物件管理
定期的な物件の点検やメンテナンスを行い、必要に応じて修繕や改修を手配。清掃やゴミ収集などの日常業務も管理。
03.トラブル対応
入居者間のトラブル(音の問題や迷惑行為に対するトラブル)や設備の故障などに対応し、円滑な住居環境を維持。災害や事故が発生した際の対応も担当。
04.費用管理
物件の運営に関わる費用(光熱費、修繕費、管理費など)を管理し、効率的な運用を行う。オーナーへの報告や相談も実施。
05.法規制遵守
建物の管理に関する法律や規制(建築基準法、消防法など)に適合しているかを確認し、必要に応じて改善措置を講じる。

専門のエージェントに相談【無料相談】 
宅建業法については【こちら】から