不動産/宅建で転職ならTAKU-TEN

不動産業界転職成功の秘訣!志望動機のポイントとは?

転職成功の鍵は明確な志望動機

不動産業界は、絶えず変化し続ける経済市場と密接に関連しています。人々の生活空間を創造し、企業の活動の場を提供することで、社会の根幹を支える重要な役割を担っています。そのため、不動産業界への転職は、多くの人にとって魅力的な選択肢となっています。しかし、成功を収めるためには、明確で説得力のある志望動機が必要不可欠です。未経験からこの業界に飛び込む際、どのような点を抑えるべきなのか。業界の理解を深まることで、なぜ不動産業界に入りたいと考えているのかを具体的に理解でき、志望動機のポイントを知ることで選考突破に近づくでしょう。

この記事では、不動産業界への転職成功のための志望動機のポイントを紹介します。
志望動機を不動産専門のエージェントに相談【無料相談】 
Instagramでも情報発信中【Instagram

💡不動産業界の業務内容

不動産仲介、不動産販売、ディベロッパー、不動産コンサルタントなど。 不動産仲介業は、売買や賃貸の契約がスムーズに行われるよう、適切な方法で仲介をサポートする大切なお仕事です。 不動産販売業は、土地や建物などの不動産を販売する業務に携わります。 不動産業界のディベロッパーは、リゾート開発や都市開発などの整備を行い、さまざまな系列があるのも特徴となっています。近年では財閥系や金融系のほか、独立系などもあります。 不動産コンサルタントは、専門的な不動産の知識を多数持ち合わせているため、顧客に適切なアドバイスするなど、難しい知識が必要とされる業務です。

💡不動産業界の採用市場

不動産業界は常に人手不足と言われており、求人数が比較的多い業界です。幅広い職種とキャリアパスがあります。営業、マーケティング、契約事務、経理、プロジェクト管理、建設管理、法務など、多岐にわたる職種が存在します。これにより、さまざまなバックグラウンドを持つ人々が業界に参入する機会があります。 不動産業界は、専門的な知識や経験を重視する傾向にある為、スキルと経験の重視企業が多い傾向にあります。ただ、未経験からでも活躍可能な環境が多く、キャリアUP・年収UPを計りチャレンジする方が多いです。

まず、業界・職種への理解を深めることが大切です。不動産業界がどのような業務内容を持ち、どのような市場なのかを理解しておくことで、具体的な志望動機を書く際のアイデアを得ることができます。次に、自分が業界に貢献できる理由を明確にすることも重要です。自身の経験やスキルを活かして、どのような価値を提供できるのかを具体的に考えてみましょう。そして最後に、自身の適性や強みをしっかりとアピールすることも必要です。忍耐力や継続力、気配りやフォローなど、不動産業界で求められる資質を持っていることを示すことで、志望動機をより魅力的にすることができます。不動産業界での転職成功を目指す上で、重要なポイントの一つが志望動機の書き方です。どのような職種を志望する場合でも、具体性と自己PRが大切です。


未経験歓迎の求人特集は【こちら
地域に密着ミノラス不動産は【こちら

未経験から不動産業界へ転職

不動産営業以外で働いてきた経験や実績を伝える
これまでのキャリアの中で培った実績や、困難をを乗り越えた経験などをアピール。営業や販売職など、お客さまとコミュニケーションして得た知識や経験があると、面接でも有利になります。自分では役に立たないと思っていた前職での経験が、不動産の経験者である人事が聞くと、不動産営業に活かせると感じる場合があります。

不動産営業の中でもなぜその会社を選んだかを明確に伝える
不動産営業に転職する場合、「志望した企業で働きたい」という熱意を明確に伝える必要があります。数多くある不動産営業の会社の中でも、なぜその会社を選んだのかを明確に示せると、面接時に良い印象を持ってもらうことができます。なぜその会社を選んだのかを明確に示すためには、不動産業界や志望企業のビジネスモデル・顧客層・優位性を理解しておかなければいけません。会社のHPなどをしっかりと確認し、経営方針、実績などを事前に調べておきます。その会社がどんな分野に強いのか、そして自分は強い分野や弱い分野において、どのような理由で貢献できるのかといった点が伝えられるといいでしょう。

仕事に対する熱意をアピールする
企業や業務に対する熱意をアピールすることは非常に大切です。特に不動産業界未経験から不動産営業に転職する場合、実績・経験・知識がゼロの状態からスタートの為、仕事に対する熱量だけは不動産営業経験者に負けないようにする必要があります。熱量を伝えるには、「やる気がある」旨だけではなく、行動で示す必要があります。例えば、自分なりにその不動産業界や会社の事業を調べている、強みの理解や仮説立てしている、不動産営業への転職に向けて宅建士などの資格取得を勉強している、などの話ができると良いです。プラスして、不動産営業に対する想い、「なぜ不動産業界で働きたいのか」「不動産業界でどうなっていきたいか」を具体的に説明することができれば、内定の可能性は非常に高くなります。

未経験から不動産営業に転職したいなど、不動産業界転職成功のポイントを紹介しました。不動産営業は、向いている人にとって、キャリアUPや年収UPなどやりがいに繋がる面が多い仕事です。不動産業界は未経験からでも転職は十分可能です。ぜひ魅力が伝わる志望動機を作成してみてください。


志望動機を不動産専門のエージェントに相談【無料相談】 
Instagramでも情報発信中【Instagram