宅建で転職なら TAKU-TEN

宅建士(宅地建物取引士)の転職は、不動産業界未経験からでも可能?!20代~30代未経験から転職するには

皆さんは「宅建士」の資格をご存知ですか?これは、不動産業界における専門職の資格であり、多くの企業が求めるスキルセットを持っていることを証明します。今回の記事では、この宅建士資格を活かして、業界未経験からでも転職が可能な不動産業界を詳しくご紹介します。

①宅建士を持っていれば不動産業界未経験でも転職が有利になる?!

宅建士は活かせる仕事が多い!

宅建士は、不動産に関する様々な業務を担当することができます。具体的には、不動産の売買や賃貸に関する業務、土地や建物の評価、契約書の作成など、専門的な知識が求められる業務に直接携わることが可能です。特に、営業職では、顧客への説明やアドバイス、交渉などに宅建士の知識を活かすことができます。また、不動産管理の分野では、物件の管理や修繕計画の立案、入居者との契約管理など、専門的な知識が必要な業務にも携わることができます。

宅建士にしかできない独占業務あり

宅建士の資格を持っていると、不動産取引業の独占業務に携わることが可能となります。具体的には、重要事項の説明、重要事項説明書への記名、契約書への記名です。これは、宅建士資格を持つ者だけが許される業務となっています。

不動産業界は宅建士資格の保有者が必要不可欠

不動産業界は、土地や建物の取引を行う上で、法律や規約、契約書類の処理が日常的に必要となる業界です。そのため、それらの専門知識を持つ宅建士は、必要不可欠な存在と言えます。特に、未経験者でも宅建士の資格を持つことで、企業からの評価が大きく上がります。プラスして、宅建業者は1つの事務所につき、宅建業の従事者5名のうち1名は必ず事務所に常勤する専任の宅建士がいなければなりません。


Instagramでも情報発信中

転職に役立つ情報の発信!未経験からでも挑戦したい!宅地建物取引士と求人情報のマッチング!様々な転職・不動産情報を発信しています!

Instagramを見てみる

②宅建士を活かして未経験から転職できる不動産業界の職種

営業職

不動産営業職は、顧客のニーズを的確に捉え、適切な物件を提案する役割を果たします。具体的には、物件の情報収集、顧客への物件の説明やアドバイス、契約までの交渉などが主な業務です。これらの業務には、不動産に関する専門的な知識が求められます。そのため、宅建士の資格を持つことで、より高いパフォーマンスを発揮することが可能です。

営業事務

営業事務職では、宅建士の資格を活かして、不動産の売買や賃貸の契約手続きを担当することができます。具体的には、契約書の作成や確認、賃貸契約の管理、売買の手続きなどが主な業務です。また、顧客からの問い合わせ対応や営業サポートも求められます。これらの業務には、法律や契約に関する知識が必要となります。そのため、宅建士の資格を持つことで、信頼性や能力をアピールすることができます。

物件管理職

物件管理職では、宅建士の資格を活かして、物件の維持・管理を行います。具体的には、修繕計画の立案、修繕業者との調整、入居者との契約管理などが主な業務です。これらの業務には、建物や設備の知識、法律や契約に関する知識が必要となります。そのため、宅建士の資格を持つことで、より高い信頼性や能力を示すことができます。

不動産関連業界

宅建士の資格は、不動産業界だけでなく、不動産に関連する他の業界でも活かすことができます。例えば、建築業や土木工事業、金融業、保険業などでは、土地や建物に関する専門的な知識が求められます。そのため、宅建士の資格を持つことで、幅広い業界で活躍することが可能です。




③宅建士を活かして未経験から転職した時の年収

宅建士を取得すると年収が上がる!

宅建士の資格を持つことで、その専門性が評価され、それが年収・給与・手当などに反映されることがあります。宅建士を持った方の平均年収は、未経験者や他の業界に比べて高い傾向があります。また、宅建士の資格を活かして成功を収めることで、さらに高い年収を得ることも可能です。

未経験でも挑戦できるおすすめ求人

宅建士資格を活かす求人は多数あります。求人情報は日々変わるため、自身のスキルや経験、希望を明確にし、最適な求人を見つけることが大切です。具体的な求人情報については、求人情報サイトを利用するか、専門の転職エージェントに相談することをおすすめします。

未経験でも挑戦できるおすすめ求人は【こちら


④宅建士の転職で資格以外に求められるものは?!

PCスキル・Excel・Word・管理ツール

基本的なPCスキルは必須です。特に、ExcelやWordの使い方を理解していることは重要です。また、不動産業界特有の管理ツールを使えると、より大きなアドバンテージとなります。

コミュニケーションスキル・対人スキル

不動産業界では、顧客や他のスタッフとのコミュニケーションが日常的に求められます。そのため、対人スキルやコミュニケーションスキルも重要となります。

人柄の良さ・誠実さ

不動産取引は大きな契約を伴うため、顧客からの信頼が非常に重要です。そのため、人柄の良さや誠実さも重要な要素となります。


⑤「宅建士の転職は業界未経験からでも可能?」のまとめ

宅建士の資格を持っていれば、業界未経験でも不動産業界への転職は十分に可能です。宅建士の知識とスキルを活かせる職種は多く、未経験者でも挑戦しやすい環境が整っています。資格取得の努力と転職に向けたチャレンジが、新たなキャリアパスを切り開く鍵となるでしょう。

Instagramでも情報発信中

転職に役立つ情報の発信!未経験からでも挑戦したい!宅地建物取引士と求人情報のマッチング!様々な転職・不動産情報を発信しています!

Instagramを見てみる