不動産/宅建で転職ならTAKU-TEN

【令和6年最新】不動産営業に向いている人の特徴とは?!不動産業界に興味ある方必見

「自分が不動産営業に向いているのかわからない」 「不動産営業に興味があるけど向いていなかったらどうしよう 」不動産営業が気になっているの方は、向いてる人の特徴を理解しておくと良いと思います。自分に適性があると分かれば転職にプラスになりますし、転職後の活躍に繋がるでしょう。今回は不動産営業に向いてる人の特徴・向いていない人の特徴をご紹介します。

不動産営業とは

不動産営業とは、不動産業界における物件の売買・賃貸に関する営業を担当する仕事です。不動産業界では、不動産の仲介や販売、賃貸物件の紹介、顧客との契約などが主な仕事内容となります。

01.販売業
主に自社所有の分譲マンション、戸建て住宅を顧客に販売する仕事。またモデルルームへ来客された顧客に対して対応を行います。
02.売買仲介業
不動産を売りたい人、買いたい人を結ぶ仲介を行う仕事です。不動産を売却したい顧客から依頼を受け、流通機構やWEBサイトに物件を掲載します。それらをみた購入希望者と条件のヒアリング・内覧、売買契約の仲介を行います。
03.賃貸業
住居用やオフィスなどを借りたい顧客に対して、賃貸契約を仲介・提案する仕事です。来店した顧客に対してヒアリングを行い、希望に合った物件を提案します。その後内覧や賃貸契約を行います。
04.管理業
賃貸物件や管理契約を行っている物件では、建物と入居者の管理維持を行っています。物件を所有しているオーナーに対して、管理業務契約の提案を行う仕事です。

Instagramでも情報をぞくぞくと発信中!【こちら】から 
売買仲介営業の求人は【こちら】から

不動産業界の特徴

不動産業界の特徴として、以下のような点が挙げられます。

・不動産は高額な商品であるため、販売や賃貸の取引額も大きくなります。
・住宅や商業施設など、生活やビジネスに直結する重要な資産であるため、信頼関係の構築が重要です。
・市況や法規制の変動により、業界の動きが大きく影響を受けることがあります。
・不動産の需要は常に存在し、人々の生活やビジネスに欠かせないものであるため、需要が安定しています。

不動産業界では、上記の特徴に対応しながら、市場のトレンドや法律の動向などを把握し、顧客に適した物件やサービスを提供することが求められます。

不動産営業に向いている人の特徴

・コミュニケーション能力が高い
不動産営業では、顧客との円滑なコミュニケーションが非常に重要です。お客様の要望やニーズを的確に把握し、適切な提案ができるスキルが求められます。
・柔軟性がある
不動産営業は常に変化する市場に対応するため、柔軟な対応が必要です。状況に応じて戦略を変え、素早く対応する能力が求められます。
・目標達成意欲がある
不動産営業では個人の売上目標が設定されることが多く、その目標を達成するための努力を惜しまない意欲が重要です。自己管理能力を高め、効果的な営業活動を行うことが求められます。
・責任感がある
不動産営業では、顧客の生涯にわたる資産を担当する重要な役割を果たしています。その責任を理解し、顧客の信頼を高めるために責任感を持ち、真摯に取り組むことが求められます。
・達成感を感じたい
不動産営業は、自身の努力と成果が直結する仕事です。成功体験を積むことで達成感を得ることができるため、達成感を求める人に向いています。
・フットワークが軽い
不動産営業は外出や移動が多いため、フットワークが軽い人が向いています。柔軟な行動力やスピード感を持ち、迅速に対応できる能力が求められます。
・勉強、学習が好きな人
不動産業界は常に変化しており、法律や市場動向などの知識を常に更新する必要があります。好奇心旺盛で、常に学び続ける姿勢を持つ人が向いています。
・忍耐力(ストレス耐性)がある人
不動産営業では、商談や交渉の過程でストレスを感じることがあります。忍耐力やストレス耐性がある人は、長期的な視点で業務に取り組むことができ、成功への道を歩むことができます。
・情報感度が高い人
不動産市場は常に変化しており、最新の情報をキャッチすることが重要です。トレンドや市場動向に敏感で、情報収集能力が高い人が向いています。

未経験からでも応募可能!未経験歓迎求人は【こちら】から

不動産営業に向いていない人の特徴

・コミュニケーションが苦手な人
不動産営業は、お客様とのコミュニケーションや交渉が欠かせない重要な仕事です。お客様の要望を正確に理解し、適切な提案を行うためには、円滑なコミュニケーション能力が求められます。苦手な場合、適切な情報の伝達や説明がうまくいかず、お客様との信頼関係を築くことが難しくなるためです。

不動産営業についてのまとめ

不動産営業は、不動産や土地を売買または賃貸する仕事です。この仕事は、コミュニケーション能力や柔軟性、目標達成意欲、責任感、達成感を感じたいという欲求を持つ人に向いています。不動産営業に向いている人の特徴として、1番にコミュニケーション能力が高いことが挙げられます。営業担当者は、顧客との信頼関係を築くために、素早く正確な情報提供や適切なアドバイスを行う必要があります。その他、柔軟性、意欲や責任感などが求められます。細かいニーズや状況が異なる顧客に対応することが求められ、自らの営業活動を通じて成果を上げることにやりがいを感じることが重要です。

一方、不動産営業に向いていない人の特徴として、コミュニケーションが苦手な人が挙げられます。この仕事では、顧客との円滑な関係構築が求められるため、コミュニケーション能力は欠かせません。

不動産営業は、人との関わりが多く、責任のある仕事です。しかし、高収入やキャリアアップの機会が豊富なため、向いている人にとっては魅力的な職業と言えます。関連する情報を参考にして、これからのキャリア選択や転職の判断材料として活用してください。


Instagramでも情報をぞくぞくと発信中!【こちら】から 
まずは求人票を見たい方は【こちら】から