不動産/宅建で転職ならTAKU-TEN

自己PRの書き方で差をつける!目を引くコツや客観的な視点で書く

自己PRの基本 転職活動の自己PRにはどんなことを盛り込めば良いの?

志望動機が企業との相性をアピールするチャンスだとすれば、自己PRは自分の働く姿を企業に想像してもらうチャンスです。自己PRでは自分の話したい内容だけを一方的に伝えるのではなく、転職希望先の人事担当者が「この人材を採用したらどんな活躍をするか」を想像できるように作成しましょう。 

この記事では、転職成功のための自己PRのポイントを紹介します。
自己PRを不動産専門のエージェントに相談【無料相談】 
Instagramでも情報発信中【Instagram

💡PRしたいことが企業に伝わらない

PRしたいことはあるけれど、伝え方が分からないという方は多いようです。
①明確な構成を用いる: 自己PRを作る際は、簡潔かつ明確な構成で作ることが大切です。たとえば、「はじめに自己紹介→主要な業績やスキルの説明→それがどのように役立つかの具体例→締めのコメント」という流れを作ることで、見る側・聞く側にとって理解しやすい内容になります。

②具体例を交える: 自己PRでは、自分の経験や能力を抽象的に説明するのではなく、具体的な成果や数字・事例を用いて説明することで、より説得力を持たせることができます。例えば、過去のプロジェクトでどのような課題をどのように解決したのか、どのような成果を上げたのかを具体的に述べることが重要です。

③相手のニーズに合わせる: 自己PRを行う際には、その企業がどのような人材を求めているかを事前にリサーチし、そのニーズに合わせた内容で自己PRを構節することが重要です。企業が重視する価値観やスキルセットに自己の経験や能力がどのようにマッチするか、接点を探しその部分を強調します。

④聞き手に焦点を当てる: 自己PRをする際は、自分の話ばかりをするのではなく、企業の担当者が持つ疑問や関心に応える形で情報を提供することが大切です。聞き手が何を知りたいのか、どのような解決策を求めているのかを考慮し、それに応じた情報を提供するよう心がけます。

⑤想いや情熱を示す: 自己PRの際には、自分がその職にどれほど想いや情熱を持っているかを伝えることも大切です。熱意を持って語ることで、担当者に強い印象を残すことができます。

💡そもそもPRできることが見つからない

「実績が具体的に見つからない」「自分の強みが見つからずに書けない」とがっかりすることはありません!前職の実績ではなくても、資格の勉強や私生活などにおいて自己PRに活かせる素材はあります。
①過去の経験を振り返る: 自己PRを見つけるためには、これまでの仕事やプロジェクト、学校でのプロジェクト、趣味やボランティア活動など、さまざまな経験を振り返ります。どのような課題に直面し、それをどのように解決したか、どのような成果を達成したかをリストアップします。

②スキルと成果を特定する: 振り返った経験の中から、特に成功した事例や課題を克服した事例を選びます。その経験からどのようなスキルが身についたのか、どのような個人的な成長があったのかを明確にします。

③他人からのフィードバックを参考にする: 自分では気づかない強みや改善点を発見するために、過去に一緒に働いた同僚や上司、友人からのフィードバックを収集します。他人の視点から自己評価を補完することで、自己PRの材料を豊富にすることができます。

④自己分析ツールを利用する:さまざまな自己分析ツールや性格診断テストを利用することで、自己理解を深めることができます。これらのツールは、自分の性格の特徴や適性、価値観を明らかにするのに役立ちます。

⑤ストーリーとしてまとめる: 自己PRはただ情報を羅列するのではなく、自己の成長のストーリーとして語ることで、より印象に残ります。自分の経験を通じてどのように成長し、どのような価値を提供できるかをストーリー形式で表現します。

自己PRを見つける過程は、自己理解を深める絶好の機会です。過去の経験を振り返り、得たスキルや成果を特定し、他人からのフィードバックや自己分析ツールを利用して自身の強みや特徴を把握することで、自信を持って伝えることができる自己PRを構築できます。このプロセスを通じて、自己PR強固にし、面接や書類選考で自分の真価を十分にアピールする準備を整えましょう。自己PRはただのアピールではなく、自分自身の成長の軌跡を語るものであり、それが求職活動における成功への鍵となります。


未経験歓迎の求人特集は【こちら
地域に密着ミノラス不動産は【こちら

参考例

「責任感・真面目」を打ち出す
私は学生時代に野球部の部長として、個性的なメンバーたちの意見を統一し、困難を乗り越えて大会で優勝を果たしました。この経験から、物事を最後まで責任を持って遂行する力を身につけました。これらのスキルを活かして、仕事でも同様に責任感を持って業務を完遂することを目指しています。

「忍耐力・継続力」を打ち出す
学生時代に地域のボランティア活動に取り組み、忍耐力と継続力を身につけました。主に地域清掃やイベント準備に携わりました。また肉体的・精神的な負担を乗り越えるため体力づくりにも励みました。これにより、リーダーとしての役割も果たすようになりました。今後はこれらの経験を生かし、入社後の長期プロジェクトで地道な努力を続け、成果を出すことを目指しています。


自己PRを不動産専門のエージェントに相談【無料相談】 
Instagramでも情報発信中【Instagram