不動産/宅建で転職ならTAKU-TEN

宅建士 vs 日商簿記検定 vs ファイナンシャルプランナーどれが難しい?!合格率徹底比較

この記事では、宅建士 vs 日商簿記検定 vs ファイナンシャルプランナーの合格率徹底比較を紹介します。それぞれの試験概要・役割、合格率・難易度を比較しています。受験検討の際参考してください。

宅建士

試験概要
宅建士(宅地建物取引士)は、不動産取引の専門知識を持つ資格です。受験資格には年齢や学歴の制限がなく、誰でも挑戦できます。試験は毎年10月に実施され、合格には50問中35点前後の得点が必要です。宅建士は契約書類の作成や重要事項の説明を行うことが求められます。また、法律により不動産業者は従事者の5人に1人以上が宅建士でなければならないと定められており、業務の信頼性を高めるためにもその存在は欠かせません。宅建士は不動産業界で高く評価される資格であり、キャリアアップの道を開くこともできます。
合格率・難易度
宅建士の資格試験は、宅地建物取引業法、民法など、不動産に関する幅広い知識が問われます。試験は毎年1回実施され、全体の合格率は約16%前後とされており、比較的難関の国家試験です。試験合格のためには、しっかりとした勉強の計画を立て、必要な勉強時間を確保することが重要です。難易度は他の資格と比較しても高いと言えます。合格率16%前後というデータからもわかるように、一定の学習量と理解が必要です。一方で、勉強範囲が広いため、効率的に学習を進めることがポイントとなります。資格勉強を効率よく進めるために、予備校や通信講座を利用することも一つの方法です。

Instagramでも情報をぞくぞくと発信中!【こちら】から 
専門のエージェントに相談は【こちら】から

日商簿記検定

試験概要
日商簿記検定には3級、2級、1級に加え簿記初級・原価計算初級があります。
3級は、ビジネスパーソンが身に付けておくべき「必須の基本知識」として、多くの企業から評価される資格。 基本的な商業簿記を修得し、小規模企業における企業活動や会計実務を踏まえ、経理関連書類の適切な処理を行うために求められるレベル。
2級は、高度な商業簿記・工業簿記、財務諸表の数字から経営内容を把握できるなど、企業活動や会計実務を踏まえ適切な処理や分析を行うために求められるレベル。
1級は、極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を修得し、会計基準や会社法、財務諸表等規則などの企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析を行うために求められるレベル。
合格率・難易度
簿記3級の合格率は約40~50%、2級は約20~30%、1級は約10%前後です。宅建士試験と比較すると、簿記の方が合格率は高めですが、級が上がるごとに難易度も高くなります。2級は3級に比べると格段に難しくなります。難易度が上がる大きな理由は、試験科目に「工業簿記」が加わるからです。 製造業で用いられる工業簿記は商業簿記とは異なり、勘定科目の分類などを暗記するだけでは対応できません。基本的な知識のほかに、レベルの高い計算をこなす必要があります。

まずは求人を見てみるは【こちら】から 
LINEで簡単に相談は【こちら】から

ファイナンシャルプランナー(FP)

試験概要
ファイナンシャルプランナー(FP)資格には、3級、2級、1級のレベルがあります。3級は基本的な知識、2級は実務的なスキル、1級は高度な専門知識が問われます。試験は学科と実技に分かれており、それぞれ合格する必要があります。人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く。ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。
合格率・難易度
FPの資格は、試験のレベルや個々の背景によって難易度が異なります。FP3級は比較的学びやすいレベルですが、FP2級となると試験内容が広範であるため、しっかりとした勉強が求められます。特にFP2級以上は専門知識の深さが要求されるため、自己学習に加えて予備校や専門講座を利用することが効果的です。また、FP技能検定は法改正や最新の金融情勢にも対応する必要があるため、常に新しい情報を取り入れることが重要です。このように、FP資格の取得は時間と労力を要しますが、取得することにより、幅広い金融知識と実践的なスキルを身につけることができます。

試験概要の比較

資格試験の内容を比較すると、それぞれの資格が異なる専門知識を求められることがわかります。宅地建物取引士(宅建士)の試験では、宅地建物取引業や民法など、不動産関連の法律や実務知識が問われます。一方、簿記検定では、企業の財務状況を把握するための会計知識や記帳方法を学びます。ファイナンシャルプランナー(FP)は、ライフプランニングや資産運用、保険、税金などの幅広い金融知識が求められます。

合格率・難易度の比較

次に試験の合格率を比較してみましょう。宅建士試験の合格率は約15%前後で推移しています。これは、毎年約25万人が受験する中で、合格者が約4万人程度であることを示しています。一方、日商簿記2級の合格率は10%~30%とされています。ファイナンシャルプランナー(FP)2級の合格率も10%から30%の幅があり、試験の時期や受験者の準備状況によって異なります。一般的に、これらの資格試験の合格率を見ると、いずれも難易度が高い試験であることがわかります。

まとめ

今回の比較を通じて、宅建士、日商簿記検定、そしてファイナンシャルプランナー(FP)の各資格について、試験概要、合格率、難易度などを見てきました。

宅建士は不動産取引の専門家として、不動産業界での就職先が豊富であり、特に法律により多くの職場で宅建士の資格が求められます。簿記検定は企業の経理や会計のスキルを証明するものとして、幅広い業界で重宝される資格です。特に日商簿記2級は多くの企業で評価され、高い実務性が魅力です。ファイナンシャルプランナーは個人の資産運用や税金のアドバイスを行う専門家で、企業系と独立系の両方のキャリアパスがあります。

合格率について見ると、宅建士は約16%、簿記2級とFP2級はいずれも10%から30%と、それぞれの資格試験に一定の難易度があります。それぞれの資格取得を考える際には、自身の興味や目指すキャリアパスを考慮した上で、効率的な勉強方法を取り入れることが重要です。

勉強時間や学習方法の面でも、自分に合った計画を立てることで、無理なく資格取得を目指すことができます。資格勉強は難易度こそ高いものの、確実に合格を目指せる方法があります。これを踏まえて、自分に最も適した資格を選び、より良いキャリアを築いていきましょう。


Instagramでも情報をぞくぞくと発信中!【こちら】から 
まずは求人票を見たい方は【こちら】から