不動産/宅建で転職ならTAKU-TEN

未経験でもチャレンジできる!不動産売買仲介営業の秘訣

これから不動産業界で営業職に挑戦していこうと思っている候補者の中に、売買仲介営業職を目指されている方が非常に多くいらっしゃいます。転職の相談を受け希望の職種をヒアリングすると、ほとんどの未経験の方がこの売買仲介営業職を希望しています。今回のこの記事では、売買仲介営業における業務内容やノウハウや工夫点などを解説していきます。ぜひ参考になさってください。

不動産売買仲介営業とは?

不動産売買仲介営業は、不動産の売主と買主の間に入り、売買契約の仲介を行う仕事です。不動産の売主から依頼を受ける“売りの仲介”と、買主から依頼を受ける“買いの仲介”の2種類に分かれます。取扱う不動産は、一戸建て・マンション・土地・ビル・倉庫などが多いです。担当者は、依頼を受けた売主・買主と媒介契約を結んだのち、買い手または売り手を見つけて契約へとつなげる役割となります。契約成立後にから売主・買主受け取る仲介手数料が報酬となります。

基本の仕事内容
不動産売買仲介営業の基本的な仕事内容は、主に土地や住宅、マンション、ビルなどの売買を仲介(媒介)することです。不動産仲介営業は、売主と買主をつなぎ、両者が満足する取引を実現するための調整や交渉を行います。具体的には、売主から物件を預かり、購入希望者に紹介することや、物件の広告を行うことが含まれます。さらに、物件の査定や契約締結といった重要なステップも担当します。未経験者でもビジネスの基本や不動産に関する知識を学ぶことで、この業務にチャレンジすることが可能です。
売りの仲介の主な仕事内容
売主の集客(訪問営業・広告の出稿など)、売り物件の査定、売り物件の登録・購入希望者への広告出稿、買主との売買交渉、契約締結・不動産引き渡し
買い仲介の主な仕事内容
買主の集客(訪問営業・広告の出稿など)、買主に物件の選定、買主に物件の内見案内、売主との売買交渉、ローンの紹介・手続き、契約書の作成、重要事項説明、契約締結・不動産引き渡し

Instagramでも情報をぞくぞくと発信中!【こちら】から 
売買仲介営業の求人は【こちら】から

未経験者が成功するための基本戦略

不動産業界は学歴や性別を問わず、未経験者が転職しやすい業界です。不動産営業に興味がある方はぜひ積極的にチャレンジしてみましょう。ただ、同じ不動産業界でも、どのような物件・商材を取り扱うかによって転職の難しさは異なります。未経験からの転職を検討している場合にはその難易度を把握しておくと企業選定がスムーズです。

必要なスキルと資格
不動産売買仲介営業で成功するためには、まず必要なスキルと資格を把握することが重要です。不動産業務には、不動産取引の知識だけでなく、金融、法律、税務に関する基礎知識も求められます。これらの知識があることで、顧客に対して適切なアドバイスを提供できるようになります。また、宅地建物取引士(宅建)の資格は、特に不動産売買仲介においては必要不可欠な資格です。未経験から始める方でも、この資格を持っていることが信頼性を高め、キャリアのスタートをスムーズにします。
マーケットの理解
マーケットの理解は、不動産売買仲介営業で成功するための基本的な戦略の一つです。不動産マーケットは地域や時期により異なり、不動産の価値も変動します。そのため、地域の特性や市場の動向を常に把握し、不動産仲介の仕事で活用できる情報を集めることが重要です。また、競合他社の動向や最新の不動産トレンドも把握することで、自社と他社との差別化を図りやすくなります。マーケットの理解を深めることで、顧客に対してより価値のある提案を行うことが可能になります。
営業方法の工夫
未経験者が不動産売買仲介営業で成功するためには、営業方法に工夫を凝らすことが重要です。効果的な営業方法としては、まず顧客との信頼関係の構築が挙げられます。信頼関係があれば、顧客はあなたを頼りにし、繰り返し利用してくれる可能性が高まります。また、テクノロジーを駆使したデジタルマーケティングも有効です。例えば、SNSやブログを活用して、物件情報や市場の最新動向を発信することで、より多くの見込み客にリーチすることができます。さらに、顧客のニーズをしっかりと把握し、それに合った物件の提案や様々な選択肢を提示することも重要です。工夫を重ねた営業方法により、未経験でも確実に成果を上げられるでしょう。

転職のポイントや今後の展望

転職活動での注意点
未経験から不動産売買仲介の仕事に転職する際には、いくつかの注意点を押さえておくことが重要です。まず、自己PRや職務経歴書には、あなたが持つビジネススキルや営業経験を、どう不動産仲介業務に生かせるかを明確に記述しましょう。また、不動産業界では金融、法律、税務の知識が求められるため、これらについての基本的な理解を深めておくことも大切です。さらに、企業のカルチャーに合うかどうかも考慮に入れることが重要です。職場の雰囲気や価値観が自分に合っているかを確認するために、可能であればOB訪問やインターンシップに参加してみるのも良いでしょう。
面接対策のポイント
不動産売買仲介の面接対策には、まず基本的な業務フローを理解しておくことが重要です。売主を探し、物件を査定し、媒介契約を結んで購入希望者を探し、最終的に契約を締結するまでの流れをしっかりと把握しておきましょう。また、面接では営業力をアピールすることが不可欠です。過去の営業経験や交渉スキル、顧客満足度向上に繋がった具体的な事例を話すと効果的です。さらに、不動産仲介業務に関わる金融、法律、税務の基本知識があることを示すことで、企業にとって有用な人材であると印象付けられるでしょう。
市場の将来性
不動産市場は常に変動しており、その将来性は多くの要素に影響されます。現在の低金利政策や都市部の人口増加などが市場を活性化させています。不動産売買仲介業務の視点から見ると、持続可能な住宅需要や都市再開発プロジェクトが継続することで、新たなビジネスチャンスが広がると予想されます。また、テクノロジーの進化によってオンライン査定やVR内見などのツールが普及し、営業活動の効率化が進むでしょう。したがって、不動産仲介の業務においても今後ますます多様なスキルセットが求められるようになります。

不動産売買仲介営業として成功するためには、継続的なスキルアップが欠かせません。まずは業務関連の資格を取得することが基本です。次に、市場動向や法改正に関する情報を常にキャッチアップすることが重要です。さらに、営業のスキルを向上させるために、交渉術やプレゼンテーションスキルを磨くこともおすすめです。これらのスキルは、セミナーや研修を受けるほか、実際の業務で経験を積むことで身につけることができます。また、他の成功事例やノウハウを学び、実際に自分の営業活動に取り入れることで、競争力を高めることが可能です。

Instagramでも情報をぞくぞくと発信中!【こちら】から 
まずは求人票を見たい方は【こちら】から